読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nmtysh.log

Tech系のネタや日々の独り言などを書いています。

USBメモリーにUbuntuをインストール(失敗談)

4GByteのUSBメモリーにUbuntu 8.04をインストールしました。

VirtualBox上でUbuntuwikiの手順に従い作業を行いました。

storageパーティションにに2.8GByte、起動パーティションに700MByte、残りの容量をデータパーティションに設定して作業を行いました。

 

無事作成作業は終了して、USBメモリーからUbuntuを起動し、firefoxをupgrade、不要なパッケージの削除など、インストール後の作業を行いました。

そして、Ubuntuwikiに書かれていたopenjdk-6関連パッケージをインストールしようとしたところ"パーティションの空き容量が足りない"とエラーがでて正常にパッケージのインストールができませんでした。

同様に、wineもインストールできず、私には、解決策も分からなかった為、今回はあきらめました。

さらに勉強してからサイドチャレンジしたいと思います。

 

 

追記

VirtualBoxでUSBブートができると便利なのですが、私には方法が分かりません。

また、これらの作業はインストール対象のデバイスのデータを全部削除するため誤って内蔵HDDにインストールしないよう注意してください。

あと、失敗したときに備えてデータのバックアップを取っておくと安心です。