読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nmtysh.log

Tech系のネタや日々の独り言などを書いています。

フォーマットを ext4 に変更した(作業メモ)

以前 Ubuntu のパーティションを ext3 から ext4 に変換しましたが、性能を引き出すためにはちゃんと ext4 でフォーマットしようと思っていました。

Ubuntu 10.10 にアップグレードしたタイミングで、ついでに作業したのでその作業メモ。

 

本当はそろそろクリーンインストールするべきなのでしょうが、

いろいろと面倒なので(使用しているソフトで、もうリポジトリにないものがある)、

フォーマット前にバックアップしたデータをフォーマット後に書き戻す方法をとりました。

 

作業は wubi でインストールした Ubuntu 10.04 64bit 上で行いました。

 

構成

/dev/sdb1 / ext4(ext3を変換)

/dev/sdb5 /home ext4(ext3を変換)

 

 

○/dev/sdb1 を ext4 にフォーマットする

・マウントするためにフォルダを作成

$ sudo mkdir /media/home

$ sudo mkdir /media/root

 

・マウント

$ sudo mount /dev/sdb1 /media/root

$ sudo mount /dev/sdb5 /media/home

 

パーミッションを維持したままtarボール化

$ cd /media/root

$ sudo tar -cpf /media/home/root.tar .

 

・アンマウント

$ cd

$ sudo umount /dev/sdb1

 

・フォーマット後も同一の UUID を使用したいので、UUID を調べます

(UUIDが変わると /etc/fstab を書き換える必要がある)

$ ls -al /dev/disk/by-uuid/

/dev/sdb1 sdb17ade9470-73c5-488f-b7bd-472c7e646d34

 

ext4 でフォーマット

$ sudo mkfs.ext4 -L root -U 7ade9470-73c5-488f-b7bd-472c7e646d34 /dev/sdb1

-L でラベルを指定

-U で UUID を指定

 

パーミッションを維持したままデータを書き戻す

$ sudo mount /dev/sdb1 /media/root/

$ cd /media/root

$ sudo tar -xpf /media/home/root.tar

 

・tarボールの削除

$ sudo rm /media/home/root.tar

 

 

○/dev/sdb5 を ext4 にフォーマットする

パーミッションを維持したままtarボール化

$ cd /media/home

$ sudo tar -cpf /media/root/home.tar .

 

・アンマウント

$ cd

$ sudo umount /dev/sdb5

 

・UUID を調べる

$ ls -al /dev/disk/by-uuid/

/dev/sdb5 0b71aa27-1879-4322-a68b-a2dd9f37a30e

 

ext4 でフォーマット

$ sudo mkfs.ext4 -L home -U 0b71aa27-1879-4322-a68b-a2dd9f37a30e /dev/sdb5

 

・ データを書き戻す

$ sudo mount /dev/sdb5 /media/home

$ cd /media/home

$ sudo tar -xpf /media/root/home.tar

 

・tarボールの削除

$ sudo rm /media/root/home.tar

 

 

○PBR にインストールしてある GRUB がフォーマットによって消えてしまったので、書き直し。

$ sudo grub-install --force /dev/sdb5

 

無事に ext4 になりましたが、変化が分からない…

ちなみにフォーマットは割と早く終了しました。