読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nmtysh.log

Tech系のネタや日々の独り言などを書いています。

USB メモリーに保存した iso 形式の LiveCD(Ubuntu) からブートする

LiveCD ならぬ LiveUSB も有りますが、イメージを展開せずに iso ファイルのままブート出来るようにします。

●用意するもの
空き領域が 1GByte 以上の USB メモリー
Ubuntu 11.04 日本語 Remix CD
grub4dos

●手順
1. まず USB メモリーに grub4dos をインストールします。
Windows 上でのインストールも有ることはあるのですが、手間がかかる上に失敗すると最悪の場合 HDD にインストールしてある OS が立ち上がらなくなるので自己責任でお願いします。 PuppyLinux を使うとインストールが楽です。
参考:
GRUB for DOS めも , USBメモリへインストール(Grub4Dosを使ったインストール): PuppyLinuxで爆速PCライフ

2. Ubuntu の iso イメージを USB メモリーにコピーします。
ここでは ubuntu-ja-11.04-desktop-i386.iso を USB メモリーの isoimage フォルダにコピーしました。
※このとき連続した領域(つまり断片化されない様に)にコピーしてください。連続した領域でなくても問題有りませんが、起動時に一度 iso イメージをメモリー上にコピーすることになるので、起動が遅くなります。

3. menu.lst に以下の項目を追加します。

title Ubuntu LiveCD 11.04 ja(Desktop)
  map /isoimage/ubuntu-ja-11.04-desktop-i386.iso (0xff) || map --mem /isoimage/ubuntu-ja-11.04-desktop-i386.iso (0xff)
  map --hook
  root (0xff)
  kernel /casper/vmlinuz file=/cdrom/preseed/ubuntu.seed boot=casper iso-scan/filename=/isoimage/ubuntu-ja-11.04-desktop-i386.iso noeject quiet splash -- debian-installer/language=ja keyboard-configuration/layoutcode=jp keyboard-configuration/modelcode=jp106
  initrd /casper/initrd.lz

以上で準備完了です。 USB メモリーからの起動が可能な PC で起動することができると思います。

参考:
Grub4dos Guide - Loading/Installing Grub4dos From Windows
grub4dos を利用する - Ubuntu Japanese Wiki
GRUB for DOS めも
USBメモリへインストール(Grub4Dosを使ったインストール): PuppyLinuxで爆速PCライフ