読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nmtysh.log

Tech系のネタや日々の独り言などを書いています。

listen.allowed_clientsに空白を入れてはいけない

PHP-FPMで接続を許可するFastCGIクライアントの一覧を設定するパラメータに listen.allowed_clients があります。

接続を許可されている FastCGI クライアントの ipv4 アドレス一覧。オリジナル版 PHP FastCGI (5.2.2+) における環境変数 FCGI_WEB_SERVER_ADDRS と同じです。 tcp でリスンするソケットに対してのみ意味をなします。 書くアドレスはカンマ区切りで指定します。この値を空にしておくと、任意の ip アドレスからの接続を許可します。 デフォルト値: 任意の ip アドレスを許可。 5.5.20 および 5.6.4 以降は、IPv6 アドレスも指定できるようになりました。
PHP: 設定 - Manual

説明書きにはこのようにあり、複数の指定はカンマ区切りで指定とあります。

見やすさも考慮して、カンマの後ろにスペースを入れたくなりますが、

listen.allowed_clients = 127.0.0.1, 192.168.0.100

これでは 192.168.0.100 のクライアントから接続できません。

カンマで区切る際にスペースを含めずに書く必要があります。

listen.allowed_clients = 127.0.0.1,192.168.0.100


また、ネットマスクによる指定もできませんでした。

listen.allowed_clients = 127.0.0.1,192.168.0.0/24

PHP 5.5.xで確認