nmtysh.log

Tech系のネタや日々の独り言などを書いています。

停止表示機材やハザードランプの重要性を実感しました

今朝通勤をしていると片側二車線の道路の第二走行帯で停車している車が……
ブレーキランプやハザードランプなど灯火類が一切点灯していないため、一見すると走行している車に見えます。

最初遠目で見た時は「(自車との相対速度が)遅い車だな。前方の信号で止まっていたのかな」ぐらいの印象だったのですが、
近づくに連れ中央分離帯に人影を発見したりと、通常と異なる状況だと思うようになっていきました。

更に近づくと2台が連なって停車していて、その間で人が何かをしているのが見えました。
この段階で初めて何かしらが起きて停まっているんだと判断できました。

判断できるようになるまでにだいぶ接近している状況でした。

この走っていた道は直線道路のため、比較的速度を出す車をよく見かけます。
そんな車の場合、今回の車の状況に気がつくのが遅れると追突する危険があります。

停止表示機材やハザードランプを付けておけば、後続車がより遠く(後方)から異常があることに気がつきやすくなり、 事故防止につながるので、付けておくことが大事だと実感しました。

広告を非表示にする