読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nmtysh.log

Tech系のネタや日々の独り言などを書いています。

Server CoreのみインストールしたWindows Server 2012を最小サーバーインターフェースに切り替える(備忘録)

検証で使うためにWindows Server 2012をインストールしました。
VM環境にインストールしたので、なるべく軽くなるようにServer Coreインストールしましたが、流石にコマンドプロンプトだけでは不便なので最低限のGUIも導入することにしました。

  • フルインストールと最小サーバーインターフェースの違い

Windows Server 2012 では、サーバー グラフィック シェルを削除できるため、"最小サーバー インターフェイス" が実現します。 これは、フル インストールと似ていますが、Internet Explorer 10エクスプローラー、デスクトップ、スタート画面はインストールされません。 Microsoft 管理コンソール (MMC)、サーバー マネージャー、コントロール パネルのサブセットは依然として存在します。
Windows Server インストール オプション

# まずはPowerShellを起動する
> start  powershell

# フル インストール イメージのインデックス番号を確認する
> Get-WindowsImage -ImagePath D:\sources\install.wim

# 最小サーバーインターフェースをインストールする
# 例の場合4番目がフル インストール イメージ
# Restartオプションで完了後に自動再起動
> Install-WindowsFeature Server-Gui-Mgmt-Infra -Restart -Source wim:D:\sources\install.wim:4

それなりに時間がかかりますので、再起動が終わるまで気長に待ちます。

再起動が終わり、ログインするとGUIの管理ツールが起動します。
(ログイン直後はコマンドプロンプトが起動したので「インストールに失敗した!?」と思いましたが無事にGUIも起動しました)

これでコマンドよりは楽に操作ができそうです。

関連