読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nmtysh.log

Tech系のネタや日々の独り言などを書いています。

Proxy配下のGitLabでWebHookを飛ばす

※この記事はQiitaにも掲載しています。

直接インターネットに出られない環境に構築されたGitLabだとWebHookが使えません。
Proxy経由で出られるようにします。

OSの場合だと環境変数http_proxyhttps_proxy を設定するとproxyが利用されますが、GitLabはこの設定を見ていないようです。
なので /etc/gitlab/gitlab.rb に設定を追記します。

デフォルトのgitlab.rbだと gitlab_rails['env']コメントアウトされていると思うので、コメントアウトを解除して http_proxyhttps_proxy を設定します。

gitlab_rails['env'] = {
  'http_proxy'  => 'http://host:port/',
  'https_proxy' => 'http://host:port/'
}

あとは gitlab-ctl reconfigure を実行して設定を反映させるとGitLab上からProxyを経由してWebHookを送信することができます。

関連