nmtysh.log

Tech系のネタや日々の独り言などを書いています。

TS32GSDU1PE ベンチマーク

デジカメ用にTranscend SDHCカード 32GB Class10 UHS-I対応 400× (最大転送速度60MB/s) (無期限保証) TS32GSDU1PEを購入したので速度を計測してみました。

テストにはMacBook Pro 2013モデルを使用しました。内蔵カードリーダーはUSB 3.0の最大5.0gb/sでつながっています。パターンはDiskSpeedTestデフォルトの5GBで実行しました。
Write 24.3MB/s, Read 87.0MB/sなのでまぁまぁ良いスコアが出ています。

(「Will it Work?」で軒並み☓なのが気になりますが……)

実際にカメラに挿入して撮影してみましたが問題なさそうです。RAW + JPEGで1枚30MB弱の撮影をしてももたつきを感じませんでした。
耐久性については様子見ですね。
価格差があまりなかったので32GBのモデルを購入しましたがカメラのバッテリーの持ちの関係から半分の16GBでも良かったような気もします。
(追記) JPEGのみの撮影だと問題ないのですが、"RAWのみ"あるいは"RAW+JPEG"だと2枚以上の連写ができませんでした。書き込み速度が足りないようです。

おまけ

最初MacBook Air 2012でDisk Speed Testを実行したら思ったより速度が出ず「ハズレを引いた?」と思ったのですが、そもそもAir側がUHS-Iに対応しているのか気になって調べてみました。するとカードリーダーが内部的にはUSB 2.0の理論値480mb/sでつながっていることが判り、MacBook Pro 2013でチェックし直したのが上のキャプチャです。
あとDisk Spped Testって自動的に止まらないんですね。Windowsの時に使っていたCrystalDiskMarkは一連のテストの後止まるので同じように待っていたら一向に終わらず手動停止しました。ヘルプをよく見るとどうやらエンドレスっぽいです。
テストを実行し続けるといたずらに寿命を縮めるだけなのですぐに止めることにします。(でも止めるタイミングが難しい)

他にもUSB 2.0のマルチカードリーダーを使ってUbuntu上でもベンチマークを実行してみたのですが、何故かRead/Writeともに1.0MB/sしか出ないおかしな結果になったので除外しました。
→(追記) なぜかUSB 1.1で繋がっていました。

広告を非表示にする