読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nmtysh.log

Tech系のネタや日々の独り言などを書いています。

wubiを使ってみる

wubiを使って、Ubuntu 10.04 LTS Desktop x64Windows XP にインストールした。

 

Download | Ubuntu から、64bit版をダウンロード。

isoイメージをマウントして、wubi.exeを実行。

wubi.exe が起動しない場合は C:\Temp を作成してから再度 wubi.exe を実行してみてください。

 

"windows内にインストール"を選んで、インストール先と容量、ユーザー名、パスワードを指定。

しばらくデータがコピーされて、その後再起動。

 

再起動時にブートメニューで"Ubuntu"を選択すると、普通のインストールのようにインストールが始まる。

 

インストールが終わったら、再起動。インストール終了。

 

アンインストールは、アプリケーションの追加と削除からできる。

 

簡単。

 

・感想

若干遅くなるらしいが、別に気にならない。

直接インストールしている32bit版と比べて、起動直後でメモリーを2倍ぐらい(600MB越え)消費している。

日本語セットアップヘルパが入っていないので、自分で入れる必要がある。

なぜかこっち(64bit)は、起動時のスプラッシュが表示される。(32bitは、出ないのに)

 

積んであるメモリーを全部認識してくれるところしか、64bitのメリットを感じないな。

(32bitの場合は、pae版があるけど、グラフィックドライバとの相性が悪かった)※パッケージが足りていませんでした。

 

2011/05/24 追記:

wubi.exe が起動しない場合の対処策を追記しました。