nmtysh.log

Tech系のネタや日々の独り言などを書いています。

Javaコントロールパネルの更新ではJDKは更新されない模様

Javaのクリティカルパッチが出ました。
先週のハンズオンの際にJDK環境をインストールしていたので、アップデートを行いました。

システム環境設定にあるJavaコントロール・パネルを起動して更新タブを開くとアップデートの通知が出たので、そこからアップデートを実施。

(スクリーンショットはアップデート後に取った画面のため、推奨バージョンがインストールされていますと表示されています)

インストール後にWebブラウザが起動してバージョン確認画面が開いので確認するとちゃんと修正済みのバージョンに更新されています。
「アップデート完了!」と思いきや、ターミナルで java -version を打ってみるとなんと更新されていません。

(ついでに javac -version もチェックしました)

どうしてなんでしょう。
Javaコントロール・パネルでバージョンを確認してみると更新されています。
しかし /Library/Java/JavaVirtualMachines/ を見ると古いバージョンしかありません。

推測なのですが MacでのJavaのアンインストール方法 を読む限りだと更新されているのはJREのみ(WebブラウザとJavaコントロール・パネル利用)で、ターミナルで実行したコマンドははJDKの方を見ているのかもしれません。

しょうがないので最新版のインストールパッケージを落としてきて入れなおしました。

古いJDKは自動で削除されないので手動で削除する必要があります。

関連
広告を非表示にする