nmtysh.log

Tech系のネタや日々の独り言などを書いています。

IIJmioのSIMカードサイズを変更した

ブログにまとめようと思って気がついたらだいぶ時間が立っていました。

去年、端末購入前にSIMカードのサイズ交換(micro sim→nano sim)を申込んだのでそのときにかかった日数などのメモ 結局端末はまだ買い替えていないのですけどね…

・1日目(水) 7時ごろ simカードサーズ変更を申し込みmicro->nano
登録メールアドレス宛に確認コードが来るので認証。
契約して以降に引っ越しをしていたので、改めて本人確認書類のアップロードが必要とのこと(アップロードサイトのログイン情報がメールで来ました)
運転免許証の両面写真を専用サイトでアップロードしました。

・1日目 12時ごろ 本人確認手続き完了のメール通知がありました。

・2日目(木) 10時ごろ micro simが使えなくなる(この時点までに発送通知などの連絡はなし)

・3日目(金) 6時ごろ 発送通知。翌日(4日目)にお届け予定とのこと。
通知された荷物の追跡番号で確認すると前日の18時ごろに発送されていました。

・4日目(土) 15時ごろ nano sim到着。利用できることを確認。

私の場合は2日とちょっとの間、SIMが使えない状態となりました。
発送にかかる日数は住んでいる地域で変わると思います。
ヘルプページを見ると最短3〜4日程度かかるとありますので、交換を申し込む場合は使えなくなる期間に注意してください。

SIMカード交換を申し込みました。手元のSIMカードはいつまで利用可能ですか? | IIJmio
https://help.iijmio.jp/app/answers/detail/a_id/79/
お手元のSIMカードは、新しいSIMカードの利用開始日(お届け予定日)の前日までご利用いただけます。 新しいSIMカードのお届け予定日は、事前にメールでお知らせします。

 

SIMカードのサイズ変更はできますか? | IIJmio
https://help.iijmio.jp/app/answers/detail/a_id/17/
SIMカードサイズ変更時の注意事項を教えてください。 | IIJmio
https://help.iijmio.jp/app/answers/detail/a_id/1667/

SIMカードサイズ変更または再発行をご依頼いただいた後、弊社にて新しいSIMカードの準備ができた段階で、旧SIMカードはご利用ができなくなります。新しいSIMカードが届くまでは、お手元の旧SIMカードで通信ができない期間が発生しますので、あらかじめご了承ください。
・配達日時の指定はできません。SIMカードサイズ変更または再発行を承った後、最短3~4日程度でお客様のご登録住所宛に新しいSIMカードをお送りします。
※土日祝をはさむ場合やお届け先が離島の場合は配送にお時間をいただくことがあります。

MiniDisplayPort->HDMI変換アダプターを買いました

MiniDisplayPort->VGAアダプターは以前購入して使っていたのですが、最近HDMIで出力する必要がある場面があったので購入に踏み切りました。

PCを買い換えるのが先か、買い替えた後に使えるのか(最近はUSB-Cタイプも出てきていますし)と購入しても使う機会がないまま……となりそうだなと購入していなかったのですが、それがアダとなりました。
悩んでいたときと比べて結構値段がお安くなっていました(USB-Cはまだまだ高いですね……)

ケーブルによっては若干はみ出します。(一つしかケーブルを試せていないので、別のケーブルだと根本まできれいに入るのかはわかりません)

MacBookPro 旧モデルに繋いだ場合はこんな感じ。ちょっと出っ張っています。
奥のThunderbolt2アダプターはApple純正のEhternetアダプターです。

4kなディスプレイを持っていないのでそこまでの解像度が出せるのかはわかりませんが、full hd(1080p)の外付けディスプレイを接続して使ってみた感じでは特に問題なさそうです。

CentOS 7でSELinuxを有効にしたままZabbixを動かす

ちょっとZabbix環境を構築する機会があってついでにSELinuxを有効にしたまま構築しようとしたら色々嵌ったのでその備忘録。

0. 環境

Host

Guest

$ vagrant box list
centos/7 (virtualbox, 1710.01)
[vagrant@localhost ~]$ cat /etc/centos-release
CentOS Linux release 7.4.1708 (Core)

1. 必要なパッケージのインストール

$ yes | sudo yum update
$ sudo rpm -ivh http://repo.zabbix.com/zabbix/3.4/rhel/7/x86_64/zabbix-release-3.4-2.el7.noarch.rpm
$ yes | sudo yum install zabbix-server-mysql zabbix-web-mysql zabbix-web-japanese
$ yes | sudo yum install mariadb mariadb-server
$ sudo systemctl start mariadb
$ sudo systemctl status mariadb

2. DBにZabbix用のDBとユーザーを作る

検証なのでパスワード設定はザルです。
ちゃんと構築するときにはしっかりと設定します。

$ mysql -u root
CREATE USER zabbix@localhost IDENTIFIED BY 'zabbix';
CREATE DATABASE zabbix CHARACTER SET utf8 COLLATE utf8_bin;
GRANT ALL PRIVILEGES ON zabbix.* TO zabbix@localhost;
FLUSH PRIVILEGES;
\q
$ zcat /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-3.4.4/create.sql.gz | mysql -uzabbix -p zabbix

Zabbixの設定ファイルにDB系の設定(パスワードなど)を追加します。

$ sudo vi /etc/zabbix/zabbix_server.conf

3. サービスの起動

$ sudo systemctl start httpd
$ sudo systemctl enable httpd
Created symlink from /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/httpd.service to /usr/lib/systemd/system/httpd.service.
$ sudo systemctl enable mariadb
Created symlink from /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/mariadb.service to /usr/lib/systemd/system/mariadb.service.
$ sudo systemctl start mariadb
$ sudo systemctl enable zabbix-server
Created symlink from /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/zabbix-server.service to /usr/lib/systemd/system/zabbix-server.service.
$ sudo systemctl start zabbix-server
$ sudo systemctl status zabbix-server -l
● zabbix-server.service - Zabbix Server
   Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/zabbix-server.service; enabled; vendor preset: disabled)
   Active: activating (auto-restart) (Result: resources) since Mon 2017-11-13 12:28:02 UTC; 2s ago
  Process: 2703 ExecStop=/bin/kill -SIGTERM $MAINPID (code=exited, status=1/FAILURE)
  Process: 2722 ExecStart=/usr/sbin/zabbix_server -c $CONFFILE (code=exited, status=0/SUCCESS)
 Main PID: 2702 (code=exited, status=1/FAILURE)

Nov 13 12:28:02 localhost.localdomain systemd[1]: zabbix-server.service never wrote its PID file. Failing.
Nov 13 12:28:02 localhost.localdomain systemd[1]: Failed to start Zabbix Server.
Nov 13 12:28:02 localhost.localdomain systemd[1]: Unit zabbix-server.service entered failed state.
Nov 13 12:28:02 localhost.localdomain systemd[1]: zabbix-server.service failed.

zabbix-serverの起動に失敗

4. SELinuxポリシー設定の試行錯誤

zabbix-serverが起動しないためstackoverflowを参考にselinuxのポリシーを設定する(参考リンクは末尾参照)

$ yes | sudo yum install policycoreutils-python
$ sudo semanage permissive -a zabbix_agent_t

semanageの実行には少々時間がかかりました

再びzabbix-serverを起動してみるもエラー。
CentOSの再起動を試してみるもやっぱり起動しません。
続けて他の試行錯誤を試します。

$ getsebool -a|grep zabbix
httpd_can_connect_zabbix --> off
zabbix_can_network --> off
$ sudo setsebool -P httpd_can_connect_zabbix on
$ sudo setsebool -P zabbix_can_network on

やっぱり起動しない…

試しにSELinuxを無効化すると起動したので、ポリシー周りが足りていないのが原因の模様。

$ sudo setenforce 0

$ sudo systemctl status zabbix-server
● zabbix-server.service - Zabbix Server
   Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/zabbix-server.service; enabled; vendor preset: disabled)
   Active: active (running) since Mon 2017-11-13 12:43:54 UTC; 11s ago
  Process: 2264 ExecStart=/usr/sbin/zabbix_server -c $CONFFILE (code=exited, status=0/SUCCESS)
 Main PID: 2266 (zabbix_server)
   CGroup: /system.slice/zabbix-server.service
           ├─2266 /usr/sbin/zabbix_server -c /etc/zabbix/zabbix_server.conf
           ├─2271 /usr/sbin/zabbix_server: configuration syncer [waiting 60 s...
           ├─2272 /usr/sbin/zabbix_server: alerter #1 started
           ├─2273 /usr/sbin/zabbix_server: alerter #2 started
           ├─2274 /usr/sbin/zabbix_server: alerter #3 started
           ├─2275 /usr/sbin/zabbix_server: housekeeper [startup idle for 30 m...
           ├─2276 /usr/sbin/zabbix_server: timer #1 [processed 0 triggers, 0 ...
           ├─2277 /usr/sbin/zabbix_server: http poller #1 [got 0 values in 0....
           ├─2278 /usr/sbin/zabbix_server: discoverer #1 [processed 0 rules i...
           ├─2279 /usr/sbin/zabbix_server: history syncer #1 [synced 0 items ...
           ├─2280 /usr/sbin/zabbix_server: history syncer #2 [synced 0 items ...
           ├─2281 /usr/sbin/zabbix_server: history syncer #3 [synced 0 items ...
           ├─2282 /usr/sbin/zabbix_server: history syncer #4 [synced 0 items ...
           ├─2283 /usr/sbin/zabbix_server: escalator #1 [processed 0 escalati...
           ├─2284 /usr/sbin/zabbix_server: proxy poller #1 [exchanged data wi...
           ├─2285 /usr/sbin/zabbix_server: self-monitoring [processed data in...
           ├─2286 /usr/sbin/zabbix_server: task manager [processed 0 task(s) ...
           ├─2287 /usr/sbin/zabbix_server: poller #1 [got 0 values in 0.00000...
           ├─2288 /usr/sbin/zabbix_server: poller #2 [got 0 values in 0.00000...
           ├─2289 /usr/sbin/zabbix_server: poller #3 [got 0 values in 0.00000...
           ├─2290 /usr/sbin/zabbix_server: poller #4 [got 0 values in 0.00000...
           ├─2291 /usr/sbin/zabbix_server: poller #5 [got 0 values in 0.00000...
           ├─2292 /usr/sbin/zabbix_server: unreachable poller #1 [got 0 value...
           ├─2293 /usr/sbin/zabbix_server: trapper #1 [processed data in 0.00...
           ├─2294 /usr/sbin/zabbix_server: trapper #2 [processed data in 0.00...
           ├─2295 /usr/sbin/zabbix_server: trapper #3 [processed data in 0.00...
           ├─2296 /usr/sbin/zabbix_server: trapper #4 [processed data in 0.00...
           ├─2297 /usr/sbin/zabbix_server: trapper #5 [processed data in 0.00...
           ├─2298 /usr/sbin/zabbix_server: icmp pinger #1 [got 0 values in 0....
           ├─2299 /usr/sbin/zabbix_server: alert manager #1 [sent 0, failed 0...
           ├─2300 /usr/sbin/zabbix_server: preprocessing manager #1 [queued 0...
           ├─2301 /usr/sbin/zabbix_server: preprocessing worker #1 started
           ├─2302 /usr/sbin/zabbix_server: preprocessing worker #2 started
           └─2303 /usr/sbin/zabbix_server: preprocessing worker #3 started

Nov 13 12:43:54 localhost.localdomain systemd[1]: zabbix-server.service holdo...
Nov 13 12:43:54 localhost.localdomain systemd[1]: Starting Zabbix Server...
Nov 13 12:43:54 localhost.localdomain systemd[1]: PID file /run/zabbix/zabbix...
Nov 13 12:43:54 localhost.localdomain systemd[1]: Started Zabbix Server.
Hint: Some lines were ellipsized, use -l to show in full.

permissiveで起動したのでauditログを確認します。

[vagrant@localhost ~]$ sudo less /var/log/messages
[vagrant@localhost ~]$ sudo sealert -l 8d624bbe-b4db-4211-a8d2-3c44d8eb9fea
(略)

# ausearch -c 'zabbix_server' --raw | audit2allow -M my-zabbixserver
# semodule -i my-zabbixserver.pp

[vagrant@localhost ~]$ sudo ausearch -c 'zabbix_server' --raw | sudo audit2allow -M my-zabbixserver
******************** IMPORTANT ***********************
To make this policy package active, execute:

semodule -i my-zabbixserver.pp

[vagrant@localhost ~]$ sudo semodule -i my-zabbixserver.pp

OSを再起動するとSELinuxが有効の状態でも起動しました。

http://127.0.0.1:8080/zabbix/setup.php

5. おまけ

Zabbix Webページの言語選択で日本語が選べなかったので、ロケール設定を修正しました。

sudo localedef -f UTF-8 -i ja_JP ja_JP
$ sudo systemctl restart httpd

x. 参考資料

SIMカードアダプターを使ってみた

今使っている端末の対応SIMはnano SIMですが、端末の買い替えを見越してmicro SIMに交換しました。
そのままでは今の端末で利用できないのでSIMカードアダプターを利用します。

Amazonで見ていると値段もピンきりで中々どれも怪しい感じだったのですが、購入したものは無事使えました。
写真ではmicro SIMをmicro SIM->nano SIMアダプターに取り付けて、それを更にnano SIM→SIMアダプターにつけてみました(この状態で利用するのは推奨されません。アダプターを利用すること自体が推奨されませんけどねw)

micro SIMをmicro SIM->nano SIMアダプターに取り付けて使っていますが、今のところは問題なく認識されています。

VagrantfileでCPUの数を設定する(備忘録)

※この記事はQiitaにも投稿しています。

実行環境がVirtualBoxの場合にVagrantfileでゲストVMのCPU数を設定する方法。他。

環境

Vagrantfile

Vagrant.configure("2") do |config|
  config.vm.box = "centos/7"
  config.vm.synced_folder ".", "/vagrant", type: "virtualbox"

  config.vm.provider "virtualbox" do |vb|
    # 割り当てるメモリー(MB)
    vb.memory = 512
    # CPUの数
    vb.cpus = 1
    # I/O APICの有効化
    vb.customize ["modifyvm", :id, "--ioapic", "on"]
  end
end

参考

判りにくいUI

某Webで作られた管理画面があったのですが、そのUIが非常にわかりづらい

有効の文字の左側にあるチェックボックスあるいはボタンに見えるものは、スライダー模したものらしい。

クリックして切り替えてみると、右側に移動して無効の文字になりました。

最初のものだけ見たら、これが有効なのかどうか判らないよ……
せめて有効状態なら背景色を変えるとかしてほしい。

不具合?

私の環境の問題なのか写真の貼り付けができなくなっています。
2017/08/19 追記:
今日同一環境で試してみると、下記の症状は改善されていて、無事に写真を選択することが出来ました。 追記ここまで

環境

再現手順

  1. はてなブログの記事編集画面を開く
  2. Googleフォト貼り付け」のタブを開く
  3. 「選択ウィンドウを開く」をクリックする
  4. すでに認証済みなので、認証系はスキップ
  5. 選択用のUIが表示される

5.の時点で画像が表示されず、またその後の操作がページをリロードするまで不可能になります。
Developer Consoleで確認するとどうやらJavaScriptのエラーが出ているようです。

310967607-picker_modularized_i18n_opc__ja.js:641 Uncaught TypeError: y is not a function
    at BE.r.e3 (310967607-picker_modularized_i18n_opc__ja.js:641)
    at HTMLDocument.b (310967607-picker_modularized_i18n_opc__ja.js:626)
    at HTMLDocument.<anonymous> (310967607-picker_modularized_i18n_opc__ja.js:81)

同一環境なら再現していますが、切り分けのために後日、別環境でもテストしてみますかね

2017/08/19 追記:
今日同一環境で試してみると、下記の症状は改善されていて、無事に写真を選択することが出来ました。